シーツの批評して最終的な解決策を考えるだけのブログ

1病になったため、出来る限りの投稿に。前向きになれるニュースを目指します。

古市憲寿氏の発言に対して感じること

Answer Newsです。

 

今回は特に何のニュースでもないですが、テレビでよく見る古市憲寿氏について私(中の人)が思うことを書きたいと思います。

 

古市氏はコメンテーターとして歯に衣着せぬ発言でよく炎上したり話題になったりしています。確かに納得ができないような発言もあると思います。

一例をあげておきます。

炎上でおなじみ(?)の古市憲寿の発言が最近エスカレートしまくってる - NAVER まとめ

 

ただ私は彼を見ていてあまり不快には感じません。理由があります

 

①古市氏が発言していることはあくまで主観的なものがほとんどであり、論破をしようとするものではないこと。

→最近論破という言葉をよく聞きます。私としては人それぞれ考え方は違って当たり前だと思っています。立場も違えば、環境なども異なるので。しかし、論破というと、他の人の意見を押さえつけてしまいます。

 

私は色んな考えがあって、その考えを知ることは考えが広がることにもつながり、非常に楽しいと思います。論破は好きではありません。

 

その点古市氏の発言はただの一意見として聞けるので、興味深いものだと思います。まあ納得できないこともありますけど、そんな風に考える人もいるんだなあって(*_*;

彼が声を荒げている様子は見たことがないですね。

 

ささいな例ですが、私はスポーツが大好きですが、ある人がスポーツは終わるまで長いから退屈だと言われても、面白いものだぞって反論はあってもその論理に納得はしますよね。

 

②古市氏はほんとに思ったことをそのまま言うこと。

→古市氏はタブーのようなことについても思ったら発言してしまう。しかし、本音で語っている方が素の自分でいられるため、楽だと思います。

 

実際に思っていても言えないようなことを代弁してもらえるような時は、爽快感が得られるのですごく心地がよかったりします。

 

だいたいこんな理由で嫌いにはなれません。むしろ好きな方です。別に考え方すべてに納得できるわけではないですけどね(笑)

 

たまに無礼だよと言われるような発言がありますが、罵倒するようなことは一つもありませんし、なんか言っている人がいるよ、くらいに楽しんでみていられます。

 

彼に非難するような気持ちで見るのではなく、一個人の意見として見るといいと思います。違う意見を言うのは全然いいと思いますけどね。

 

願わくば私も彼くらいに主観論言っちゃって、何言ってるんだよとか、また冗談をという感じで見られたいですね(^-^)笑