シーツの批評して最終的な解決策を考えるだけのブログ

1病になったため、出来る限りの投稿に。前向きになれるニュースを目指します。

オリックス球団の問題点と改善策を考えてみた(2018.11)

どうもシーツです。

 

今日はプロ野球オリックス球団に対して私が感じる問題点と改善策を考えてみました。

 

12球団やってシリーズ化するのもいいと思うのですが、とにかくこの球団だけは言いたいことが多すぎるので取り上げます。

 

長い文章ですが、野球ファン、特にオリックスファンの方に是非どう思っているか気になります。

 

 

私は関西に住んでいます。当然のごとく阪神ファンとして育ってきました。親の影響ではなくテレビの影響と祖父の影響だと思います。

ちなみに父はどこかといえば巨人ファンでアンチ阪神です。

 

ただ、小さい頃は近鉄の試合には連れて行ってもらい、ノリとか磯部とか応援してましたし、パリーグなら近鉄と思っていました。

 

小さい頃の自分なので比較はできないですけど、個人的には近鉄には魅力があったと思っていましたし、いてまえ打線の愛称もいってまえという大阪感もあって好きでした。

 

今現在パリーグではオリックスファン化と言われるとそうではありません。私はオリックスの魅力を知りません。

 

ここから様々な角度で私ならどうオリックスを改革するかを考えていきたいです。

 

①チーム強化のビジョンが全然見えない。

 

現在日本シリーズから最も遠ざかっている球団、それがオリックスバファローズ

クライマックスシリーズが始まって以来、優勝はできなくとも日本シリーズにいけなかったチームはオリックスのみとなりました。

 

優勝すれば魅力が見つかりやすいので一番のファン獲得チャンスになると思います。

 

しかし、優勝が見えてくることがほとんどありません。2014年こそは優勝争いをしましたが、その戦力もたったの4年で働いている選手もほとんどいません。

 

ただ私はオリックス、戦力はかなり充実していると思っています。

選手名鑑|オリックス・バファローズ

 

一度は活躍した選手を集めれば、投手は金子、西、ディクソン、アルバース、松葉、東明、山崎福、山岡、吉田一、田嶋、近藤、山本由伸、黒木、山田、榊原、比嘉、澤田、増井。。。

凄くないか??かなり強いでしょ!!

 

オリックスの選手は野球ファンしかわからないかもしれませんが、立派な選手がそろっている印象です。

 

なので問題点は野手です。これは素人でもわかります。

 

そして、外国人選手がイマイチな活躍だった場合、日本人選手に期待しないといけない。

 

しかし、計算できるのは吉田だけ。知っている選手もT-岡田くらいしかいない????

当然試合に出ている選手は知っていますよ、ほんとは。若月選手とか安達選手とか。

 

でも守れる選手はいても打てる選手があまりにもいません。2か月くらいだけしか働いていなかったとしても、高額だとしても、中島選手を1番評価できるのはオリックスじゃないのでしょうか??

 

オリックスはお金に困っているわけではないので、そんなに中島選手を簡単に手放していいでしょうか?補強ポイントが見えていないと思います。

 

www.hochi.co.jp

 

そしてこれほど得点力に困るのならば、外国人選手を4人ほど獲っていないと、安定して強さを期待できないでしょう。そこにフロントのやる気を疑うことには無理がないでしょう。

 

オーナーがこんなに負けているのに続けているのはおかしすぎますよね。

このチームに浅村が交渉せずに断るのはわかる気がします。

 

②戦力だけでなく人気を上げる努力が足りていない。

 

ここは個人的見解が多いところですが、オリックスはカラーがないと感じます。特徴がない。

 

あるとすれば応援歌でしょうか。

www.youtube.com

 

こちらは安達選手の応援歌です。歌詞もサウンドもかっこいいと思います。

 

しかし、初めて球場でオリックス応援してみた、とか友達に誘われて応援に来たという人がいたとします。これは新しいファンを増やすチャンスです。

 

この応援歌を聞いてかっこいいと1度聞いて思うかもしれませんが、「応援しにくい。。。」「初心者泣かせだな。。。」「浅いファンが来るところではないな」と思ってしまわないだろうか?

 

ブリッジ?Bメロ?よくわからない。この形式は色々な選手で使われているため、困惑するのではないだろうか?

 

阪神はださいと評判ではあるが、応援はほぼパン、パン、パンパンパンだけなので子供でも初心者でも応援できるようになっています。

 

では違う応援であるロッテの場合、歌詞がすごく簡単です。ほとんどオーとかの掛け声が多いです。

www.youtube.com

ロッテファンでない私でも、数少ないテレビ中継だけで覚えてしまう応援歌です。

ファンでなくても1度ロッテの応援はしてみたいです(笑)

 

では応援歌以外に特徴はあるのか。

 

・京セラドームが欠陥球場であること

・観客動員数の確保のためにユニフォームをばらまく

・宣伝活動はますだおかだの岡田に実質的に委託、たまにたむけん

 

2つ目はいいとしても。。。

ますだおかだの岡田さんが宣伝していて、地味だけど頑張っていますという感じしか聞かれない球団はいかがなものか?

 

阪神に負けていてももう少し輝く球団であってほしい、関西人としてそう願っています。

 

最近はその魅力不足からか、西選手がFA宣言し、金子選手が自由契約になりました。

headlines.yahoo.co.jp

特に高額大型契約で、活躍できなかったとはいえお世話になった金子選手の自由契約は印象がよくないものです。

 

ではオリックスをどうすればいいか?

 

それは簡単なことだと思います。いい例が他球団にあるからです。

それが横浜DeNAベイスターズです。

 

大都市横浜にありながら野球は大低迷、ファンもそっぽを向いていました。

大都市大阪にありながら野球は低迷、ファンも増えないオリックスよりもひどい状態でした。

 

しかし、親会社がDeNAになり、まず中畑氏を監督に据えてチーム強化もありながら明るい空気感をチームに生み出すことに成功しました。

 

そして中畑監督も非常に協力的にファンサービスに応じ、100万円シートやファンクラブ会員はオープン戦無料などの施策を次々と打ち出していきました。

 

さらに俺より目立てと中畑監督が言うように、筒香山崎康晃などが台頭し、自然にヤスアキジャンプなどが誕生し、どんどん盛り上がりが増していっています。

 

ずっと経営を悩ましていた横浜スタジアムも買収し、現在はより魅力のあるスタジアムへ改装が行われています。

この改革が凄く、セリーグも面白くなったのでDeNAには感謝しかありません。

 

これをオリックスもすれば明るい球団になり、ファンが増え、選手がやりがいを覚えて奮起するのではないだろうか?

 

まず、監督をマスコミにも明るく、知名度のある人に変える。

西村さんを監督にしている場合だろうか?将来のビジョンとしても見えないし、このままでは何も変わらないだろう。

 

これをできる人はOBの田口さん、中畑さんをはじめ外部の目立つ人、それくらいしかないか。

 

劇薬でいうなら新庄さんとか?笑

関西なら絶対に人気になるし、彼はメジャーでもやっていけるほどタフな人間なのでオリックスならありかと思うのだ。劇薬だけど^_^;

 

そして大阪ドームからの移転または改修。

 

問題点

(1)外野から見てホームランとフェンス直撃の区別がつかない。

(2)大きなモニターがなく、リプレイもあまり移さないため何が起きたかがわかりにくい

(3)音があまり反響しないため、ホームでも応援があまり聞こえていない

元々が多目的ドームとして作られたものなので、野球専用ではない。

 

そこで野球場を別で作るという決断もいいのではないか?

 

少なくとも近鉄オリックスを合計したような水準には観客数を戻してほしい。

それぐらいに関西で集客は見込めるのだから。

 

そして強くなってファンに愛される球団になってほしい。

 

オリックスの経営に心配ないから危機感がないのかもしれないが、私は望みたい。

www.sponichi.co.jp

オープン戦中に鬼の福良しかニュースがないチームを、見ている人が応援しようとは思わないでしょう。楽しそうなチームになってほしいです。

 

思ったことがあればTwitter、コメントなどでお願いします。

twitter.com

J1下位に沈んでいるV・ファーレン長崎と柏レイソルについて

シーツです。

 

今日はJリーグで今シーズンV・ファーレン長崎柏レイソルの今後の展望を書きます。

余談ですが八村選手が凄すぎて。。。

バスケやってた割にシーツさん、情報が乏しいのであまり語れないけど←

 

さて、私としては、スポーツの競技の質の向上は降格チームなどの憂き目を味わったチームの奮起と、新しい考えを取り入れた新たなチームによって起こると思っています。

 

勿論すごい選手が出てくることもそうですが、戦術面ではこういうところが大きいと思います。ここでJリーグの話です。

 

先日のJ1昇格を果たしたチームには新風をふかせること、この2チームには奮起を期待したいと思っています。

 

今日は降格決定またはしそうな2チームを。

まずV・ファーレン長崎です。

元々規模の大きくないクラブでありながら、長期政権であった高木琢也監督の下で、堅守速攻の形で昨年昇格をした長崎。

 

今年も随所にその堅守速攻が生き、補強した鈴木武蔵選手がハットトリックを決めるなど強さはみられました。

 

ただ、選手の実力が全体的に劣ることもあり、戦術の力だけではなんとかならずに降格になってしまったという印象です。

しかし、このサッカーをしていればJ2では昇格候補になるだろうと思っていました。

 

ところが、高木琢也監督が解任されてしまいました。これがどう影響するかです。

 

残り2試合ありますが、来年は別の監督になるので関係はあまりありません。その中で来年のヴィジョンを明らかにし、来年どんな監督を据えてどのような戦い方をするのか、そのチーム作りを高田社長がどうするかに期待しています。

 

ヴィジョンが明らかであれば選手も残留するでしょう。

 

 

逆に私が心配なのは柏レイソルです。

 

なんで苦しんでいるのか不思議なほど戦力が揃っているように感じるのですが、噛み合っていない感じがあります。

 

下平監督が戦力のわりに結果が出ていないとして中位でありながら解任され、そのあと受け継いだ加藤監督が経験のなさからなのか降格圏に急落してしまいました。

 

そしてつい先日残り2試合の段階で加藤監督も解任。岩瀬コーチが指揮を執り、GMに布部氏が就任したという段階です。

 

こちらも勝たないとあとがないので残り試合に全力になるでしょう。

 

しかし、それ以上にチームがバラバラになることは避けないといけないと思います。クラブへ不信感を募らせると移籍することにつながってしまいます。

 

その意味では次期監督とチームのプレースタイルを決めていかないと今後も苦労するのではないだろうか。

 

もし降格が決定したら大半の選手にはオファーが来るでしょう。

 

そのときに過去のサンフレッチェのように残るか、ジェフのように1からになるかで大きく変わるので、今からでも来年以降のことを考えてもらいたいです。

 

 

余談ですが、瀬川選手のゴールシーンなどで感じるのですが、この時期はもっと鼓舞するように喜んだ方がいいんじゃないかな?笑

 

youtu.be

 

いや、めっちゃ巧いんですよ。でもこの試合にかける闘争心が見えないのがもどかしい。

 

さて、残留争いがどうなるのか。今週末、要注目。

 

twitter.com

中の人の状態

シーツです。

先日中の人、正式に心療内科でこころの病を診断されました。。。

なかなか色々なことにためらいや苦しさを覚えてしまっています。


私自身前向きになれるようにブログを始めようと思いましたが、無理をすることをやめるように言われました。


ということで、無理なく、今は余裕のあるときだけ書こうと思います。


私の勝手ですみません。

シーツ

流行語大賞候補から今年の事を振り返り、前を向いていく②(悪質タックル)

シーツです。

 

今日は流行語大賞の中から悪質タックルについて取り上げます。

 

この事件は日本の大きな闇を示していると思いますし、かなり根深いひどい事件なのではないかとも考えられる気がする。

先にいっときますが、このあと述べていることはほとんど前向きになれる要素はありません。

 

日大に対する悪い事実をただひたすら述べているだけです。

噂ではなく事実なので、ぜひ日大を嫌いになってもらいたいと思っています。

それが前向きになる要素だと考えているので。

 

youtu.be

さて事件ですが、知ってる人がほとんどと思いますが、このタックルです。これは暴力事件です。悪質、卑劣、人間とは思えないプレーです。日大のアメフト部の宮川選手がこの行為を行いました。

 

そしてこの事件が明らかとなったのはこの動画があがってからというものでした。

 

またこの事件、責任者は最後まで出てこずに、宮川選手本人が謝罪するという前代未聞の事件でした。

 

現在この事件によって公式試合は行われていませんが、最近練習試合を行うように活動再開をしたようです。

 

 

この事件、一件落着でいいのでしょうか?

 

私はこの問題、何一つ解決していないと思います。風化させてはよくないと思います。

ありえない点がいくつもあります。

 

①宮川選手の復帰について

宮川選手は世間的にもかわいそうという目で見られ、加害者ではあるものの監督に指示をされ、断れずに行為に移したものの、すべての責任を一身にうけて謝罪しました。

 

しかし、あれほどの行為をした選手を簡単に戻していいものでしょうか?

それほど卑劣なプレーだと思います。

 

これは宮川選手の言い分を皆が認めてのものでしょうが、被害者もそういうものであったと思います。しかし、このままだと矛盾が起きてしまいます。それは③で述べます。

 

②日大は学生を全く守ることのできない大学であるということ

 

www.huffingtonpost.jp

この声明文はなんと事件から約3か月後。現代の移り変わりの中で3か月も時間をかけるとは考えられないことだと思います。

 

この結論さえもすぐに下せない。そんな大学です。アメフト部どころか就活生にも大きな影響を及ぼしたとか。

それは当然でしょう。

 

そして学生ファーストさえ言えばオッケーなんですね。解釈の仕方なんですけど、たしかに選手に謝罪させるのは学生に任せるという学生ファーストにかなっていると思います。

 

素晴らしい大学ですね、教育機関として学生にすべて委ねて謝罪も自己責任!!

素晴らしいことが学べますね!!

 

③警視庁は内田監督の指示がなかったと認定した。

 

なんとこの場に及んで警視庁は内田監督側に肩を持ちました。怒りが止まりません。

youtu.be

この事件は内田監督もお咎めなしに終わってしまうのでしょうか?

 

日大第三者委、内田前監督らの指示認定 悪質タックル - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

 

そもそも上記の記事において次の結果が出ている。

三者委が行った部員らへのアンケートの主な結果

▽内田氏、井上氏の指示に対して意見を述べることができたか――120人中113人が「できなかった」

▽試合後のミーティングで、内田氏やコーチ陣から反則行為への言及があったか――120人中104人が「あった」

▽当該選手と内田氏、井上氏との間で食い違う説明はどちらが正しいか――「内田氏らが正しい」としたのは120人中0人

▽日大アメフト部をどのように改善すべきか――「悪い伝統を排除し、クリーンな環境作りが必要」「監督、コーチと意見交換ができる環境をつくる」など

 

さて、これの何をとったら、関与がなかったと言えるのでしょうか?

ということは宮川選手復帰させたらまた同じ事件起こりますね!!人が死ぬかもしれませんね笑アメフト最高!!日大最高!!

 

警察にいったい何の権力が働いているのでしょうか?

おい、マスコミさんよ、こんなひどい結果が出てるのにスルーかよ!!

 

どんだけ日大が大事なんだよ!!

 

①~③で皮肉たっぷりに批評しました。というかこんなにもひどい論理で動いていると、前向きと言われても。。。

 

前向き要素は。。。  この記事をちゃんと人々が理解し、日大では何も教えてもらえるところではなく、すべてを自己責任でやる学校だということを知ってもらうことです!!

 

日大でスポーツするよりも、社会人でスポーツをやったほうが選手として守られるし、いい設備の中で競技ができますよ!!

 

 

正直これだけの状況が揃っていて入学する池江選手には幻滅しました。

信じられません。

 

どれだけ強くてもちょっと私は応援する気になれません。

 

強ければいいのでしょうか?いい設備さえあればいいのでしょうか?

競技はたしかにアメフトと水泳で異なりますが、体制に何も変わりはないのです。

 

実際に何も体制は変えていないのですよ?

 

日大はマンモス校とはいえ、ただの私立大学です。こんな学校を選択するかしないかは任せますが、私はこの大学を評価する人を認めたくありません。

 

何かすごい理由があるのならば知りませんが。

 

 

そして警視庁には日大絡みの何かすごい力が働いているようです。こんな団体に罪を見つけることは不可能でしょうね。どうにかならないもんですかね。。。

 

むかつくニュースです。すいません。

 

私立大学なので日大を改善させる必要はありません。人々がそっぽを向く、それでしかいい方向には進まないので、自分でどうもできない苦しいことなので、悪い事実をどんどん拡散させていきましょう。

twitter.com

流行語大賞候補から今年の事を振り返り、前を向いていく①(あおり運転、eスポーツ、おっさんずラブ)

シーツです。

 

今年の流行語大賞の候補が発表されました。

まあその言葉が実際に流行った流行っていないとかはどうでもいいんですよ笑

 

ただ結構知らないこともあったりして、振り返るにはいい材料なのかなと思い、参考にしてわからないことは調べようと思っています。

 

大賞がどれになったというのも”そうなんやくらい”かな^_^;

 

では流行語大賞の候補は次の通りでした。

news.nifty.com

 

まあこの記事には安室ちゃんとカロリーゼロ理論がないと書いていましたが、こんなズレてるとかいちいち批判しなくても、こんなこともありましたって紹介するくらいでいいのにね(´・ω・`)

 

さて、ノミネートされた言葉についていくつかずつ紹介していきます。

 

1⃣"あおり運転"

2018年、警視庁が危険運転致死傷、など厳罰化が始まりました。ということです。

 

あおり運転は、横の車に車線を詰めたり、車間距離を必要以上に詰めたり、とにかく迷惑な運転を相手にすることです。

 

最も有名な事件は2017年のこちらですね。

www.nikkei.com

 

この事件から①あおり運転を受けるという危険な状態をいかにして未然に防ぐのか、②あおり運転をどう取り締まるのか、を考えないといけない。

 

もちろんこの家族は悲しいし被告は許せない。でも感情論ではなく、危機回避をちゃんと考えないといけないだろう。

 

まず①だが、こんな記事がある。

clicccar.com

 

タイトルが最低である!!ひどい!!たしかにいじめはいじめれた方が悪いくらいの腹立たしいインパクトがある。

 

内容はそうではないが、せめてあおり運転はされないようにするということも大事ではないか?その努力も必要ではないか??くらいにしないと、まともな記事も誤解や憎悪しか生まないだろう。

 

要するに譲り合いの精神をもつことはとても大事ということである。教習所で確かに数年前行っていたが、言われた覚えはない。私は自身でそう思っているからよいが、教習する必要性はありそうだ。

 

またこれ以上に実際に受けた際に絶対にドアを開けない、路肩に止める、通報するということは絶対に大事であろう。

 

②だが、あおり運転を発見するには人の目では限界があるだろう。ではどう取り締まるか。今の時代、ドライブレコーダーなどが発達してきている。それを生かさない手はないのではないか?

 

今の警察の問題点は、You tubeドライブレコーダーなどの映像をうまく活用できていないことと考えている。映像を送ってきてくださいと言えばかなり取り締まりやすくなると思うのだが。。。

 

2⃣悪質タックル

これも長くなりそうなので別記事で。

 

3⃣eスポーツ

簡単に言えばゲームの頂上を決める戦いをe(electronic)スポーツと呼んでいます。

 

スポーツの定義がむずくなりそうですけど、将棋や囲碁もスポーツの枠に入っていたりしますからね。知のスポーツって呼ばれていたり。

 

そして流行語に選ばれたとはいえ、まだ一般の人にはそんな世界もあるくらいに捉えられていますが、2024年のオリンピック種目になりそうというくらいには世界的になりそうなのです。

 

ということで興味を持ったら注目~

 

オフィスチェアの会社のサイトで非常に詳しいものがあったのでよければリンクを

www.bauhutte.jp

 

4⃣おっさんずラブ

テレビ朝日で放送された、おっさん同士が愛し合うコメディドラマですね。

www.tv-asahi.co.jp

 

abemaTVやamazon videoなどでも見られるので是非。CMで見るだけでも、タイトル聞いても強烈ですよねー。誰でも思いつきそうな題材でも、予想できる話でも、ベタは面白くていいと思います。個人的には学園ドラマとか、1話完結の漫画のドラマとか好きです。

 

とりあえず3つだけですが、これからも少しずつ取り上げます。

twitter.com

18'シーズンの結果、松本と大分がJ1自動昇格!!祝福とエール(辛口w)

シーツです。

 

私、ちょっと仕事でボロボロになってまして、休職始めました。

まあこの決断は前向きになるためなので頑張ります。

 

そんなことはおいといて、昨日のJ2最終節で松本と大分の自動昇格が決まりました!!

軽い展望は下でも書いてました。

 

answernews.hatenablog.com

 

この結果長崎の降格は決定、柏も敗戦したら降格、そしてガンバ戦を残しています。

非常にきつい状況になりました。

 

さて、J2の最終節ですが、優勝の可能性を残していた4チームは、調子が上がってきていた横浜FCだけが勝ち、上位対決となった町田だけでなく、松本、大分も引き分けでした。

 

そんな混戦で苦しい中、勝ち上がった松本、大分は素晴らしかったと思います。

最終的な順位表は下記のリンクから

Jリーグ - J2順位表 - スポーツナビ

 

昇格した2チームについて書きます。

まず、松本。反町体制も7年。堅実な守備を武器とする点に揺るぎはなく、毎年同じように強化してきました。その継続力が実を結びましたね!!

 

ただ勝ち点はこれまでとあまり変わらず、周りの恩恵を受けた分優勝できたという見方はできてしまいそうです。そして反町体制は続くことでしょうが、ずっと弱点であった得点力に改善がみられるか、そこが来年の最大のポイントになりそうです。

 

次に大分。こちらはJ3から戻ってきたのも2年前。苦しい状況から片野坂体制によって這い上がってきました。今年優れていたのは、藤本、馬場、三平、後藤の4人が10得点以上し、互いに連携していたことだと思います。彼らはJ2やJ3では実力者でしたし、その選手たちをつなげたところが評価できると思います。

 

問題点は上位陣では最大となる失点を喫したことでしょう。来年はまず、J2で強烈だった攻撃陣が機能するのか、そして守備陣を整備できるかでしょう。

 

正直この2チーム、来年は厳しいと思っています。その指標にはJ1J2昇降格プレーオフも注目になるでしょう。

 

今年の長崎の戦い方を見ていると。。。

 

よくJ2からJ1に昇格したチームで起こるのは、チームの形が補強で崩れること、または補強が不十分であることである。

 

今年の長崎はチームの形は残っていたように思う。堅守速攻、その形で点も取れたし、鈴木武蔵やヨルディバイスなど新戦力もよく機能していたと思います。あれでも残れないJ1ということだと思います。

結果的には長崎の補強は不十分だったのでしょう。

 

あれで不十分というくらいだとしたら、かなり松本や大分に求められている補強は、お金、選手ともに非常に大変だと思います。

 

下剋上は観ていて爽快なので、私はこの2チーム、応援したいとは思っています。是非素晴らしい補強からの素晴らしい成績を期待しています!!

 

twitter.com

Jリーグの降格昇格争いの行方を考察してみる

シーツです。

 

川崎の優勝や鹿島のACLについてはこちらの記事へ。

 

 

answernews.hatenablog.com

 

 

先日の土曜日に、長崎のJ2降格圏内が決定しました。

今年のJ1は稀に見る大混戦でした。優勝争いこそ最後は川崎が抜け出しましたが、降格争いはまだ混沌としています。

 

そもそも長崎でさえ、昨年までの降格チームの最低勝ち点は上回るほどの成績は残していました。J1全チーム、レベルが高かったと言って差しさわりはないでしょう。

 

現在J1の降格争いに巻き込まれているのは次の5チームです。

 

14位 湘南ベルマーレ 勝ち点37得失点-6

15位 サガン鳥栖   勝ち点37得失点-6 (総得点の少なさでより下位)

16位 名古屋グランパス勝ち点37得失点-8

17位 柏レイソル   勝ち点33得失点-12

18位 Vファーレン長崎 勝ち点29得失点-19

といった具合です。

 

普通に考えると下位2チームが降格になるのですが、後で述べますがJ2の優勝争いに、J1に上がれない町田が含まれていることが影響してややこしいことになっています。

 

サッカーはだいたいは週末の土曜日にJ1、日曜日がJ2があるのですが、今週はJ1はお休み。そのかわりに土曜日14時から一斉にJ2の試合がキックオフです。まずその試合の結果があって目指す順位が決まります!!

 

ただ今からでも言えそうなことは、柏と長崎は非常にヤバいということです。勿論勝ち点だけでもそうなのですが、どちらもガンバ大阪との試合を残していることがあります。

 

ちなみに個人的にはガンバ大阪は贔屓チームです(笑)

 

今シーズンガンバ大阪は途中有力降格クラブと見られていました。しかし、今野選手復帰、宮本監督就任、ファンウィジョ選手覚醒などがあり、現在なんと8連勝中。一気に順位を上げて残留を決定させました。

youtu.be

7連勝目浦和戦。個人的に快勝で気持ち良かったので。

 

個人的に1番気になっているのは、三浦選手のコイントス15連勝の真偽(笑)

本当だとしたら確率がほんとに怖い。。。

((1/2)^15=1/32768)

 

このガンバ大阪を倒さなければ順位の上昇はないので、ここがポイントかと思います。

 

ではJ2リーグの自動昇格となる1、2位争いです。

 

1位 松本山雅     勝ち点76 得失点差20

2位 大分トリニータ  勝ち点75 得失点差25

3位 町田ゼルビア   勝ち点75 得失点差18

4位 横浜FC       勝ち点73 得失点差18

この4チームです。最終節にこのチーム同士の直接対決はありません。

正直、絶対的なチームや勢いを感じるチームがないので、本当にわからないです。

 

一番対戦相手が強いのは町田の相手の東京Vかな?

得失点も考えるとおそらく勝たないと自動昇格はないのかなあと思います。

 

個人的には大分のサッカーが1番好きかなあ。。。あとはJ1のレベルの高さを感じているので、町田を応援したい気持ちも多少は。。。

 

あとは昇格プレーオフ争いは、東京V、アビスパ福岡大宮アルディージャの3チーム。こちらも勝ち点2差で3チームあるのでわかりません。

 

ただ大宮が予想以上に苦しんでるなあという印象。大前選手は得点王争いトップだし。。。

 

J1の争っているチームのファンも、今週末はJ2に注目ですね!!